恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

男を振り向かせる女のメールでの一言!

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

好きな人ができて、メールもするようになったのになかなか向こうからデートの誘いがないときってありますよね?

自分から誘うのも恥ずかしくてできない女性は多いはず。

そこで今回は男を振り向かす女のメールでの一言をご紹介します。

スポンサードリンク

 

男を振り向かせるメールでの一言

 

以前までは「女性から誘うなんて、はしたない」という女性観が日本にはありました。

でも、「女性が強くなった」と言われて久しく、事実、世の中には仕事で活躍して男性と対等のパートナーシップを築いているかっこいい女性たちがたくさんいますよね。

ですが、その一方で、まだまだ前時代的な女性観が根強く残っているなという感じを強く受けます。

 

なぜなら、恋愛で待ちの姿勢の女性があまりにも多いからです。

これは不思議なことでもありますし、とても残念なことでもあります。

自分から誘えない女性の言い訳は、きまって「だって、嫌われちゃうから」です。

 

でも、実はその心理の裏には、「遊んでいる女だと思われないか」「図々しい女だと思われないか」「気が強い女だと思われないか」という不安が隠れています。

これは、奥ゆかしさをよしとする、日本の伝統的な女性観の裏返しですね。

でも、好きな彼と恋人どうしになりたかったら、それではダメなのです。

 

なぜなら、それは日本の男性も女性と同じく、「自分から誘えないタイプが圧倒的に多い」からです。

これは、女性にはちょっと衝撃的な事実かもしれませんね。

ちなみにですが、イタリアの男性は、「女性と見たら、誰にでも片っ端から声をかける」と言われますが、なにも、ウケを狙ってそうしているのではありません。

 

彼らは、女性に声をかけないと失礼だから、そうしているのです。

そして、声をかける、ふられる…という繰り返しの中で、「恋愛の手法」を試行錯誤して磨いていくわけです。

実は、これはイタリア男性特有の文化ではなく、欧米人はおおむねこうしたオープンな人間関係の中で、自分を育てているのです。

 

だから、「女性に声をかける」という行為がきわめてカジュアルで、自然なこととして男性の中に根づいています。

ところが、日本では、「知らない男性が女性に声をかける=ナンパ→胡散臭い」と受けとめられがち。

だから、男は、まわりにいる「いいな」と思う女性を気軽に誘うことができないのです。

 

基本的には男性もシャイですから、女性と親しくメールを交換していても、「誘っていいのかな、マズイのかなぁ」と迷っている。

うっかり誘って、「『何、勘違いしてるの?』と女性に思われないか」と、本気で悩んでいたりするのです。

でも、お互いにこんなことを続けていたら、素敵な恋愛はいつまでたっても始まりません。

 

だから、あなたから上手に誘うのです。

「そんな、いきなり自分から誘うなんて、できないわ」と言うなら、「誘ってくれてもOKよ」という信号をさりげなく男性に向けて出してあげればいいだけ。

信号といっても、けっしてむずかしいものではありません。

 

たとえば、「今度、飲みに行かない?」と軽く言ってみるだけでいいのです。

すると、待ってましたとばかりに彼から、「じゃあ、いつにしようか」と具体的な誘いがくると思います。

つまり、「女性から誘わなければ、男性は動かない」くらいに思って差し支えないでしょう。


スポンサードリンク


 

肩の力を抜いて、女友達を誘うのと同じ感覚でメールでアプローチするのです。

 

「ねぇ、今度ご飯、食べに行かない?」

「このあいだ雑誌で、いい感じのレストランを見つけたんだけど、私ひとりで行くにはちょっと敷居が高そうだから、一緒に行ってくれない?」

「メガネを買おうと思うんだけど、アドバイスが聞きたいからつきあってくれる?」

「パソコンのセッティングが、イマイチうまくいかないから教えてよ」

 

口実はいくらでもありますよね。

ちなみに、ダメな誘い方はこうです。

「今度の日曜日、空いてる?もし空いてるんだったら…」

 

こんなふうに、抜き足差し足的というか、持って回ったような言い方はNG。

こうして文字にしてみてもわかるように、セリフ全体から重たい雰囲気が漂ってきます。

いかにも「下心込みで、お誘いしているんですけど」というニュアンスが漂ってしまいます。

 

これでは、たとえあなたに気がある男性でも、引いてしまうでしょう。

あるいは、「この子、何をたくらんでいるんだろう?」と思うかもしれません。

あなたから誘うときのポイントは、「目的(口実)があること」です。

 

ふたりが恋人関係ではない場合、目的が明確でない誘いは、すなわちデートしかありません。

デートとなると男性は身がまえてしまうもので、「これをOKするってことは、つきあうってことか?

だとしたら、慎重に返事をしなくちゃな。

 

でも、やっぱりパスしたほうが無難かな」となってしまう可能性が、大きいのです。

よく観察してみてください。

女性にかぎらず、男性でもモテるタイプの人は、非常に意味のあるひと言を、ごく自然に、サラリと言い放っているものです。

 

そして実は、その気さくさが、その人をさらに魅力的に見せていたりするのです。

 

他の人気ページはこちらです!

→友達以上恋人未満の関係から抜け出すには?

→彼氏がいるメリット、デメリット!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • たーくん
    • 2016年 4月 19日

    イケテます。よろです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930