恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

彼氏を喜ばせる話し方と嫌う話し方!

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

彼氏を喜ばせたいって、彼氏が大好きな女性なら誰もが思うことですよね?

喜ばせるにも色んな方法がありますが、今回はまず、彼氏を喜ばせる話し方について見ていきましょう!!

また、それとは逆に嫌う話し方についてもご紹介していますので、ぜひご覧ください♪

スポンサードリンク

 

彼氏を喜ばせる話し方と嫌う話し方

 

男には、率直に頼みごとをしたほうがいいというお話は、以前しました。

でも、女性はどうしても回りくどい表現をしてしまいがちです。

率直に言うのではなく、様子を見ながら話したり。

 

男にとっては、場合によっては、その話しかたが皮肉っぽい表現に聞こえてしまう事がありますので注意が必要です。

女性の「皮肉っぽいところがキライ」という男は多いので、知らない間にそういう表現をしていないか、自身を振り返って考えてみましょう。

女子特有の、経緯を順に周りくどい言い方をしたり、関係のない話を出して来たりする話も男性は嫌がりますよね。

 

同じ意味の表現をするなら、もっと前向きに聞こえる提案をすればいいのです。

たとえば、下の例えにあるような言い回しや表現は女性がよく使うものですが、これですと皮肉っぽいニュアンスで伝わってしまいます。

男をムッとさせてしまうキケンもありますから、やめた方が無難だと思います。

 

後々話を軌道修正するのがめんどうになります。

ではまず、彼氏が嫌う話し方について見ていきましょう。

そして次に、その嫌う話し方を喜ぶ話し方に変えてみます。

 

★嫌う話し方

 

1.「私たち、最近どこにも行ってないよね」

2.「私たち、全然楽しいことしてないね」

3.「いつも同じデート(デートコース)ばっかりね」

4.「他にもっと話題とかないの?」


スポンサードリンク

 

この4つを喜ばせる言い方に変えるとこうなります。

 

1.「今度、ドライブに連れて行って欲しいな」

2.「今週は、いつもと違う事をして違う雰囲気を楽しもうよ」

3.「今日は、海(または夜景)を見に行こうよ」

4.「もっとあなたを知りたいから、別の話題の話を聞きたいな」

 

嫌いな話し方には共通点があります。

それは4つとも皮肉っぽく、嫌味っぽく聞こえるということです。

ではどうして男は、皮肉っぽい表現がキライなのでしょうか。

 

その理由は、「バカにされた、嫌味だな」と感じるからです。

自分のプライドが傷つくからです。

「最近、マンネリだよね、私たち」と言われると、男はその全責任が自分にあるような気がして、「俺だけが悪いのか?!」と悔しいような悲しいような気持ちになるのです。

 

その点、提案型の表現であれば、単純にあなたの希望を彼氏に伝えるだけですから、彼氏としても受け入れやすいと思うのです。

男には、「頼られたい」という気持ちがあります。

女性に頼られると嬉しいんです。

 

ですから、どんどん提案をして、彼を喜ばせてあげましょう。

男には、バカにされたくないという気持ちが根底にあります。

なので、皮肉っぽく聞こえる表現は、すべてNGだと思ってください。

 

皮肉っぽい表現は、「~ない」という否定表現が含まれています。

「楽しくない」とか「デートに連れてってくれない」とか「話題がない」とか。

「ない」「ない」言う言い方を使うとネガティブに聞こえますよね?

 

自分の会話を分析してみて、もし「~ない」という否定表現をたくさん使っているようなら、提案型に変えるといいでしょう。

提案型とは、「|~したい」、「~してほしい」と直接に頼む表現のことです。

つまり、「~してね」と可愛く彼女から提案すれば、男は簡単に転がせるということです♪

 

他の人気ページはこちらです!

→男は本音でメールしたり話をする女性が好き!!

→男性を恋愛で本気にさせる方法!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930