恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

2回目デートの誘い方とタイミング、男性の好意を長続きさせるには?

初デートはできたからといって、喜んでいる場合ではありません。

2回目のデートは誘いましたか?

実は初デートを誘うことができても、2回目のデートをどうやって誘ったらいいのか。

 

また、誘うタイミングがわからないと言って、2回目のデートをするまでに関係が続かなかった。

というようなケースはよくあることです。

そうならないためにも、2回目デートの誘い方とそのタイミングご紹介します。

 

また、やっと気になる男性から好意を持ってもらったのに、結局付き合うまでに長続きしなかった。

というようなケースもありました。

そこで、その好意を長続きさせる方法も一緒にご紹介します。

スポンサードリンク

 

2回目デートの誘い方とタイミング

 

「彼に好かれる」段階からもう一歩踏み込んで、恋人として親しくつき合うためには、彼と数多く会うことが欠かせません。

あなたが思い切って彼にアプローチして、1回デートしたとします。

しかし、そこで終わってしまっては、彼との仲は前に進みません。

 

大切なことは一回で終わらせずに、何回もくり返してデートしていくことです。

くり返し会っていく中で、彼のあなたに対する想いを強く熱いものに変えていくことができるのです。

そこで、くり返し会うために、お勧めする方法があります。

 

それは、彼と会ったなら、心ず次回に会う口実を作ってしまうのです。

「今日は楽しかったわ。じゃあ、また会いましょう」というのでは、不十分どころか、そのまま立ち消えとなりかねません。

会ったからには、「じゃあ次の日曜日」というくらいに、具体的にもう一度会えるような準備をしておきましょう。

 

約束を取りつけるには、あなたが口にするタイミングも重要になってきます。

でも、会ってすぐに「今度の日曜日、もう一度会ってくれる?」と言っても、彼は戸惑うだけでしょう。

といって、別れるぎりぎりになってしまってからでは、考える余裕がありません。

 

余裕があって、戸惑いもなく次に会う約束を取りつけるには、実はデートの最中が最適なのです。

タイミングとしては、二人が楽しい気分になっている時です。

何か面白い話題があって一緒に笑い合えたら、その笑いがおさまらないうちに、「今度の日曜日は、映画に行かない?面白い映画やってるのよ」という具合に自然に口にするのです。

 

その時も、「今度の日曜あいてる?」と聞くと、「ちょっと忙しくて」とか「まだわからない」というような返事が返ってくるかも知れません。

あいているかどうか、暇かどうかを聞かずに、具体的に「映画に行かない?」「ディズニーランド行きましょうよ」と誘っていく方が確率は高くなるはずです。

約束を取りつげるタイミングや、誘い方にも注意を払って、デートの時に次のデートの約束を取りつけてしまいましょう。

 


スポンサードリンク


 

男性の好意を長続きさせるには?

 

せっかく彼から好意を寄せてもらったのに、それだけで放っておいたのでは、嫌われてしまうことだってあり得ます。

なぜなら、「好意」というのは一時的なものにすぎず、必ずしも永遠に続く保証などないからです。

彼にあなたのことを本当に好きになってもらう、つまりいつまでも愛情を持ってもらうためには、彼から寄せられた好意を育て上げていくことが必要です。

 

つまり、彼があなたに好意を抱いてもらうのは最終目標ではないということです。

あなたのことを「好きだ」と感じさせるだけで終わってしまってはいけません。

それをどうやって続けさせるかが大事なのです。

 

商品を買ったら、アフターフォローは欠かせないでしょう。

油をさしたり、掃除をしたり、大切に扱ったり、万一故障したら修理してもらうことも必要です。

彼の「好意」にしても、まったく同じです。

 

彼に好きになってもらえれば、「やった!」という気にもなるでしょう。

でも、この好意を抱かれた時点が愛情のゴールではないのです。

植物と同じで、好意にも「水」をあげなくてはなりません。

 

「愛情は冷めやすい」と言われますが、「好き」といった感情はもっと冷めやすいものです。

小マメに育てあげていくという気持ちがあってこそ、それは続いていくのです。

二人の愛を育てていくためには何が必要でしょうか。

 

時にはプレゼントを贈るのもよいでしょうが、どうせ贈るのならモノよりも気持ちを贈りましょう。

「メール」や「電話」で小マメに言葉を交わすようにします。

その時に必要なのが、ちょっとした気くばりです。

 

「彼があなたに対して何を求めているのか」を常に意識してもらいたいのです。

安らぎが欲しいのか、やさしさを求めているのか、それとも話を聞いてもらいたいのか…。

いつも、彼の欲求を第一に考えていくのです。

 

常に相手の立場から考えてみるようにしましょう。

大切なことなので、もう一度繰り返します。

「好きだ」と彼に思われでも、それが二人の愛のゴールなのではありません。

 

愛情というものは、どこまでも二人が育てあげていくものです。

そうした気持ちがないと、愛とは長続きしないものなのです。

 

関連記事

→好きな彼へのプレゼントを渡すタイミングは?

→ステキな男性を彼氏にする方法は?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031