恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

大学生恋愛ドラマベスト10

こんにちは、恋愛まとめ情報局です♪
今回は、大学生活を取り入れているドラマを集めてみました♪
大学では、今までの学生生活より一層多くの人々がまじりあい人間模様も幅広いですよね。

大学構内でも面識がない人はいっぱいいると思います。
それだけ出会いが豊富だと言う事ですね♪
感想コメントも合わせて、ぜひ参考にしてみてください★

スポンサードリンク

 

大学生恋愛ドラマベスト10

 

■オレンジデイズ

オレンジデイズ

人生の岐路に立つ5人の大学4年生たちが織りなす甘くせつないオレンジな日々をつづった青春グラフィティ。
就職活動に苦戦中の櫂(妻夫木聡)は、はじめから就職する気のない翔平(成宮寛貴)やすでに内定をもらっている啓太(瑛太)らと最後のキャンパスライフを送っている。

構内でバイオリンを弾く沙絵(柴咲コウ)に一目惚れした奥手の啓太は、プレイボーイの翔平に頼んでデートをセッティングしてもらうのだが、沙絵が聾唖者だと知らされて逃げ出してしまう。
櫂は仕方なくその代役として沙絵とデートすることになるんですが…

★障害がありながらも、強気な性格でたくましく生きているすがたはそれだけで得るものがあり、紗絵は周りに愛されるとても魅力的な女性です。
★自然な設定ですぐに入り込める!俳優陣がとにかく上手い!
★すごくストレートで熱い気持ちをみせてくれます。
★思わず笑ってしまうシーンもたくさんあって、ありがちな友達とのやりとりを見ていると自分の大学時代を懐かしく思い出します。
★何かとても切ないような、やりきれないような、気持ちがたくさん溢れてくるドラマ。

 

■のだめカンタービレ

のだめ

強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。
音楽一家に育った千秋真一(玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。
しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。

絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。

★オーケストラの演奏シーンの迫力!鳥肌立ちました。
★なんだかんだと言ってのだめに惹かれている千秋が可愛い。
★基本コメディなのですが、きっちり人間の成長も描かれていてものすごく丁寧に作られたドラマ。
★笑えます!泣けます!感動します!また見たくなります!

 

■ラブレター

ラブレター

舞台は美しい瀬戸内の島・小豆島。施設で育てられ小豆島へやってきた聴覚障害のある少女・美波が里親や一生の友人、初恋の人・海司と出会い、成長していく15年間を描く。
幼い美波と海司は手話を通じて、心を通わせ、小さな恋を育んでいく。

「初恋」「初キス」「初体験」「すれ違い」「別れ」「再会」…誰もが経験する過程を通る中で、美波はいつしか、「海司の声を聞きたい」と叶わぬ願いを抱くようになる。
そんな美波に海司は「おれがお前の耳になってやる!」と誓うのだが、その約束を守るには、二人はあまりにも幼すぎて…。

★幼馴染から「恋」を意識し始める美波と海司が初々しくていい。
★主人公と彼女をとりまく人たちが家族愛や友情を育んでいく過程が丁寧に描かれていて、何度も涙しました。
★年甲斐もなく胸がキュンとなりました。
★一途な想いと互いを思いやる気持ちがスレ違ってしまい刹那さが一層増します。

 

■ハチミツとクローバー

花本はぐみ(成海璃子)は、浜田山美術大学の油絵科に入学するために長野から上京したばかり。
芸術に関しては天才的な才能を持つ彼女は、すでに新進芸術家として注目を浴びていたが、実は極度の人見知りでもある繊細な女の子だ。
4月のある日、建築科3年の竹本祐太(生田斗真)は、キャンパスの中庭にある池のほとりではぐみの姿を見つける。

しゃがみ込んで水面に漂う桜の花びらを見つめていたはぐみに、一瞬にして心を奪われてしまう竹本。
すると、彫刻科7年生で大学一の変人とも呼ばれている森田忍(成宮寛貴)と、建築科4年の真山巧(向井理)がやってきて、無理矢理竹本を連れ去った。
3人は、同じアパートの住人でもあり、普段からよくつるんでいる仲間だった。

★青春時代の友情と恋、葛藤が等身大で描かれています。
★相手の事を不器用でも格好悪くても懸命に一途に「想う」所が、とても良い。
★美しい話をかなり忠実に再現してくれた名作だと確信しています。
★久々に心から気持ち良く泣けたドラマでした。

 

■Nのために

Nのために

高層マンションで野口夫妻が殺害された。その現場に居合わせたのは“ある計画”を立てた希美、成瀬、安藤、西崎の4人。
その場で西崎が逮捕されるが…。
それから10年後、この事件の判決に疑いを抱く元警察官・高野は、事件の真相を追い始める。

この事件は15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で、希美と成瀬が起こした“ある事件”からすべてが始まっていると高野は確信していた。
「彼らはあの時、罪を犯した。それぞれのNのために」

★とにかく毎回、真実はどうなのか、皆の関係性はどうなのかと目が釘づけにされた。
★高校生から現代と違和感なく演じる役者さんを尊敬します。
★こんなに良いドラマは近年他に無いです。
★みなが事件を乗り越え、それぞれに自立し、そして結ばれていくラストは清々しい余韻を残す。


スポンサードリンク


 

■あすなろ白書

あすなろ白書

男3人、女2人の友人グループ「あすなろ会」の面々が、初めて本当に人を愛し、苦い経験もしながら、大人への階段を上っていく姿をノスタルジックに描いている。
柴門ふみ原作の、行きかいすれ違う恋模様を描く青春群像ドラマ。

物語の軸となるのは石田ひかり演じる「なるみ」と、筒井道隆が演じる「掛居くん」。
今や大台の人気俳優の面々が、若かりし頃の名演技を見せてくれる名作ドラマです。

★彼らの眩しいほどの青春時代がここにつまっています。
★ストーリー起伏が幾つもあり、見ごたえがあります。
★日本の学園ドラマの最高傑作だと思います。
★”恋”の答えは、はじめから存在しない。そんな学生たちの”恋物語”です。

 

■美丘

美丘

生きていることは奇跡。わたしだけが気づいてるんだ。
不治の病を抱えつつも限りある命を精一杯生きようとする少女・美丘と、彼女を見守る青年・太一との切なく激しいラブストーリー。
次第に進行していく病気。

自由がきかなくなる体…失われていく大切な記憶…自分が自分でなくなる恐怖…残されたわずかな時間…。
そんな過酷な運命の中でも、最後の最後まで残された命を見つめ、限りある生を全力で走り抜ける美丘。
太一は、彼女の愛を全身で受け止め、彼女がこの世に生きていたことの証人になろうと決意する――。

★人を愛することはすごいことです。
★生きる意味を考えさせられる秀作です。
★「一生分の恋をした」ということばが好きです。
★大切なことを人々に伝えている他には例のない作品だと思いました。

 

■不機嫌なジーン

動物行動学を学ぶヒロインが呆れるほどの不器用さで研究に、そして恋愛に奮闘する様を、オフビートかつリリカルにつづった人生恋愛模様の快作。
主人公・蒼井仁子は動物の行動学を研究している学者のタマゴ。
動物に関する理論や遺伝子には詳しいが恋愛にはちょっと億手。

オスの生物学の通説を知っているので、なかなか異性と深く付き合えない。
そんな彼女が、恋愛に四苦八苦する姿をコミカルに描くラブストーリー。

★主演の竹内さんの脇を固める内野さん、小林さん、オダギリさんなどのキャラクターが魅力です。
★ファッションもかわいいし、個性的な人々との掛け合いがたまらなくおもしろい。
★時間が戻らないからこそ一瞬一瞬はとても貴重なんだと、思わせてくれます。
★ちょっと泣けて、かなり笑える、だけど深くて痛い。

 

■砂時計

砂時計

両親の離婚により母の故郷・島根に引っ越してきた杏。
彼女はそこで信頼できる仲間たちと出会うが、その矢先、突然母親が自殺してしまい…
水瀬杏の恋を過去から現在の14年間に渡り描くラブストーリー。

★大人まで世代を超えて胸キュンする事間違いなし。
★一話めから涙腺崩壊、毎回切なくて…純粋な恋がしたくなる。
★様々な年代が舞台になるので、世代問わず楽しめる作品。
★杏と大悟の恋がなんとも切なく、涙なしでは見られません。

 

■プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦

思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった主人公・岩瀬健(山下)が、ダンディな妖精(三上)の力を借りて再び恋の成就を試みる物語。

幼なじみの健と礼。密かに礼に思いを寄せていた健は、礼の結婚式で強烈な後悔の念に襲われる。
そんな時、突然妖精が現れ、もう一度やり直すチャンスを与えられた!礼を取り戻すために過去にタイムスリップした健は、果たして失った恋と青春をやり直せるのか?

★「求めよ…さらば、与えられん。」何もしないままでは、何も相手に伝わらない。
★すべてが自己を中心に都合よく考えていた時代。そんな青春時間をちょっと見直すだけで未来は変わるのかも。
★初心を忘れないため、カップルで観るのにも最適です。
★コメディタッチで気軽に観れて、かつ胸にキュンとくる。

 

他の人気ページはこちらです!

→恋愛海外ドラマのおすすめベスト11

→恋愛韓国ドラマのオススメ10


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031