恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

高校生恋愛ドラマベスト10

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

誰もが経験する学生時代の青春恋愛。

共感したり、懐かしかったり、切なかったり。

今回は舞台を高校に絞りまとめてみました♪

スポンサードリンク

 

高校生恋愛ドラマベスト10!

 

■アスコーマーチ!

 

男だらけの工業高校 クラスに女子は、ワタシだけ!?

第一志望のお嬢様学校の受験に失敗し、、大勢の男子の中、なじめず孤立。

彼女が入学した明日香工業高校は、新入生徒148人のうち、なんと女子はたったの3人。

 

入った1年A組に女子は自分ひとりという、現実を悲観する直は、孤独感を味わい、「みんなと自分は違う」と周囲を見下してしまう。

武井さんの自分が変わらないと何も変わらないと、成長していく姿に共感できます。

松坂桃李さん、武井咲さん、賀来賢人さんとの微妙な三角関係が見どころ♪

 

松阪さん演じるアダルト~でクールな生徒いたら絶対モテる。

おデブさんとメガネ君のオタクコンビも笑えます(笑)

 

■Q10

 

平凡で臆病で、人生をあきらめかけた青年が、転校生のロボット・Q10に恋をした。

平凡な高校生・平太はある日、理科準備室で眠っているひとりの女の子を見付けるが…。

様々な「愛と友情と生き方」を描く、涙と笑いの物語。

 

二次元愛するオタク男子、コンプレックスだらけの優等生、孤独な貧乏学生、赤髪バンド少女、病気を抱えた落第生。

個性あふれるクラスメイト、さらに、婚活中の担任教師、仕事に生きる女教授ほか入り乱れ様々な変化が見れてテンポが良い♪

当てはめられるキャラがどこかにいるはず。

 

キャスト的はファンではなかったのですが、そんなの関係なく見たら面白かったです。

「例えば、この地球上に、自分より大切に思える人なんて、本当にいるんだろうか?」から始まる物語は主人公が特殊な不思議なドラマ。

佐藤健さんのつぶやきに感動させられたり、心に刺さったりすることもしばしば、考えさせられる。

 

■花より男子

 

皆さんご存知のこのドラマ。

主人公・牧野つくしは、お金持ちが通う名門学園の2年生。

しかし、貧乏の家に育ったため、彼女は周囲の人とは反対に地味な生活を送っていた。

 

そんな中、ある事件をきっかけに、学園を牛耳る御曹司4人に戦いを挑むことに…。明るく軽快なタッチで描いた痛快青春ラブストーリー。

ドラマ~映画でファイナルまで終わってしまいましたね。

ツンデレ、胸キュン場面が多く、平凡な恋愛よりこんなドタバタ胸キュン恋愛がしてみたいと思える名品♥

 

■スタンドアップ!!

 

いまだ童貞を卒業していない4人の高校生たちが、それぞれに体験する17歳のひと夏を描いた正調青春コメディー。

戸越公園駅前商店街で生まれ育った幼なじみ、ショーちゃん(二宮和也)、ケンケン(山下智久)、ウダやん(成宮寛貴)、コーちゃん(小栗旬)は童貞であるがゆえの屈辱に耐えきれない4人は、純潔保存会を結成する裏腹な行動に出てみたりもして。

 

そんなとき、昔彼らのマドンナ的存在だったチエ(鈴木杏)が、すっかり地味にバージョンダウンして11年ぶりに彼らの前に姿を現わす。

不純異性交遊反対を旗印に、ありとあらゆる手で主人公たちの純潔喪作戦の妨害に力を入れる商店街の大人たちは、強烈キャラ。

英語教師役の釈さんのTシャツが毎回おもしろくて注目。

小ネタがたくさんつまったおもしろ青春作品と思いきや、恋愛事情も切なくて…浸れる作品です。

 

■スイッチガール

 

女子高生・田宮仁香(西内まりあ)は、家の外ではメイクも服装もきちんとしているが、自宅では自堕落な生活を送っている。

つまり、ONとOFFを使い分ける「スイッチガール」だったが、このことは家族と、幼馴染で親友の二ノ原(坂田梨香子)しか知らなかった。

ところが、ある日同じマンションに引っ越してきた転入生・神山新(桐山連)に、OFFモードがバレてしまう。

 

誰しもオンオフがある、リアルに共感できる部分も多い。

本当の自分を知っている人には知らないうちに心を開いてしましますよね。

逆に恥ずかしい部分でも、本当の自分を知っていてくれる人が必要だったり。

甘い台詞や展開、笑いっぱなしのコメディシーンに最初から最後まで飽きる事無くテンポ良く楽しめます♪


スポンサードリンク


 

■青の時代

 

母親の恋人を刺し、14歳で少年院に入った過去を持つ不良少年のリュウ(堂本剛)は、仲間たちと強盗やカツアゲを繰り返していた。

ふとしたことから図書館員の茜(奥菜恵)と心通わせるが、仲間たちの起こした強盗事件の犯人と目され、鑑別所に入れられてしまう。

リュウの頑なな心を開かせたのは、熱血漢で正義を信じる若き弁護士の榛名(上川隆也)だった。

 

息子をリンチで殺された過去を持つ保護司の本田(山本圭)、榛名、茜らに囲まれ、更正していくリュウだったが…。

不良少年が更正していく青春ストーリーに恋愛や、ミステリーまで取り入れた珍しい作品。

やんちゃな面々が多数出てきますが、恋には純粋♥

次回をすぐに見たくなる大好きで夢中になれる作品です。

 

■赤い糸

 

伝説のケータイ小説をドラマ化した作品。

赤い糸で結ばれた男女二人が互いにひかれていくという古典的な物語を、現代的な脚色を交えて感動的な物語に仕立て上げられています。

「赤い糸はきっとあるはず、なのに、どうして見えないんだろう。」本当ですよね。

 

見えたら間違えなくて済むのに…でもそんな平坦じゃありがたみ湧かないですね。

ドラッグや妊娠などの問題定義もありますが、恋愛メインの作品です。

子供っぽい場面もありますが、芽衣と敦史が出会いと別れを繰り返しながら成長し、お互いに深く惹かれていくストーリーに感動しました。

 

■近キョリ恋愛

 

高校時代、誰もが羨む親友同士だったハルカ(阿部顕嵐)、美麗(石橋杏奈)、奏多(岸優太)は3人とも今のままの関係がずっと続くと思っていた。

そこへ突然、海外からハルカの血の繋がらない姉・凛々子(足立梨花)が帰ってくる。

数年ぶりに会った彼女は「女神」と言われるほど綺麗になっていた。

 

他人には壁を作ることの多いハルカだが、凛々子は強引にハルカに近づいてくる。

強引な姉に戸惑うハルカ、密かにハルカに恋心を抱く美麗、そんな美麗に気づく奏多。

微妙なバランスを保ちながらも、いつも近くにいることが当たり前だった3人のキョリ。

 

一つ屋根の下で暮らす血の繋がらない姉とのキョリ、2つのキョリがが少しずつ変わり始じめ…

メッセージ性の強い、非常に完成度の高い作品だと思います。

映像も綺麗で、切ない感じがたまりません。

胸キュンできるのも必至♥

 

■piece

 

女子大生の須賀水帆(本田翼)は、高校時代のクラスメイト・折口はるか(水野絵梨奈)が病気で亡くなったと知らされ、その葬儀場で同じクラスメイトだった成海皓(中山優馬)と再会する。

皓は、高校時代から付き合う相手をコロコロ変えることで有名だったが、水帆は当時、皓に惹かれていた。

他人の心にズカズカと踏み込んでくるけれど、本心の読めない皓と、人付き合いが苦手で、友達の前でも常に冷静な水帆。

 

ある日教室で皓に突然キスをされ、水帆は彼を、「他人との距離が近いのは、逆に誰にも特別な感情がないから」だと思うようになる。

そんな皓を知りたいという思いが止められなっていくが、葬儀場で、水帆ははるかの記憶をたどる。

しかし思い出されるのは高校2年の夏休みに、皓と不思議な旅に出たことだった。

 

「知りたいという欲望に、私たちはあらがえない。」とキャッチコピーの通り人は、踏み込んじゃいけないところも知りたくなってしまうもの。

いつも笑ってるけど目が暗い、何を考えているのかわからない人ってめんどうだけど、余計に入りこんじゃう。

本田翼さんの演技力はともかく(笑)深夜番組でしたが、楽しめる作品だと思います。

 

■美丘

 

平凡な学生生活を送っていた大学生の太一(林遣都)は、ある日嵐のような女の子、美丘(吉高由里子)と出会う。

自由奔放に生き、自分の本能を決して抑えようとしない美丘に太一は惹かれ、二人は恋に落ちるが、太一は美丘から衝撃の事実を告げられる。

彼女は、治療法も特効薬もない不治の病を脳に抱えていて、次第に進行していく病気。

 

自由がきかなくなる体……失われていく大切な記憶……自分が自分でなくなる恐怖……残されたわずかな時間……

そんな過酷な運命の中でも、最後の最後まで残された命を見つめ、限りある生を全力で走り抜ける美丘。

太一は、彼女の愛を全身で受け止め、彼女がこの世に生きていたことの証人になろうと決意する。

 

「生きていることは奇跡。わたしだけが気づいてるんだ。」強気にひたむきに生きている姿は、もー涙なしには見れません。

改めて後悔せずに、生きるとはどんな事なのかを教えられます。

本当に愛する人がいなくなっていく恐怖は、本人と同じくらい辛いもの、それを逃げずに立ち向かう、そんな人がいることで死んだ後も生きられる。

「一生分の恋をした」心にズンとくる言葉です。

 

誰もが通る学生時代には、勉強以外に学ぶことがたくさんあり、大切な時間ですよね。

今回は10作品に絞ってご紹介しました♪

参考になれば幸いです(^^)

 

他の人気ページはこちらです!

→学園恋愛ドラマベスト10

→キュンキュン恋愛ドラマ10


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930