恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

恋愛に勘違いしがちな女性の特徴

どうも、こんにちは。恋愛まとめ情報局です(^^)/

今回は、恋愛においてそばで見ていて「それって間違ってない?」「勘違いじゃない?」と思う事が多い女性について。
せっかく魅力的な女性なのに、恋愛になると不器用でそれ違うんじゃないかな?と残念な場合を耳にする事があります。

自分でも「違うかな?」って思っていたり、分かってはいるけど今の感情で動いてしまう。
本当の幸せは人それぞれですが、長い目で見るとやはり「もったいない」と思う女性の一例をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

包容力を何でも許す事だと思い込んでいる。

包容力は包み込む心。
確かに許す事と似てはいますが、何でも許すことが相手のため自分のためではありませんよね。
些細な事、簡単に許せない事も好きだから、包容力がある女性だと思われたいがために、いつも自分をごまかし繕っている。

それは、相手を甘やかし、間違いを間違いじゃなく歪んだものに変えてしまう、後々後悔するのは目に見えています。
我慢は蓄積され、許す心はブラックホールではありませんし、なかったことになんてなりません。
いずれ爆発することもあるでしょう。

相手は次第に「これくらい」「大丈夫だろう」と高を括り、次第に大切にする心を忘れ、ないがしろにされていく悪循環に陥ります。
そんな関係性続けていて幸せだと思いますか?
それは、相手を想う恋愛での努力ではありません。

一時の恋愛じゃなく本当に相手と「幸せを望む恋愛」をしたいのなら本来の自分の心と向き合い、「嫌なものは嫌」伝える勇気も必要です。
自分の考えを持ってる女性は魅力的ですし、都合のいい女になる必要はありません。

 

この人には私がいないとだめだと思っている。

「私がいなきゃ」「私じゃなきゃ」それは、本当にそうなのでしょうか。
自分の存在意義を相手に押し付けている場合もあるのではないでしょうか?

確かに、女性も男性も自分にないものを補い合い、いい関係性が出来上がって双方にとって「この人じゃなきゃ」と思える恋愛をしている人がいるのは確かです。

ですが、相手をダメにしているのは、自分自身だったと言う場合もあります。
自分の都合がいいように相手を解釈していませんか?

相手の事を想いしている事と言いながら、相手が出来る事もやってあげる。
自立した関係ではなく、依存心から来る行動は相手にとって負担になりかねません。
「あなたには私がそばにいるからね」と言いながら本当は「だから私の傍から離れないでね」と思っていませんか?


スポンサードリンク


束縛を愛だと感じる。

好きな人だから不安にさせたくない、心配かけたくない。
好きだから相手が嫌なことはしたくないし、しない。
束縛に慣れ、自ら嫌がることはしないと相手との時間を得るために、自分の自由を捨てた女性がいました。

考えるのをやめて、流されれば楽なのかもしれません。
でも、人生限られた時間の中で、ほんの一部の限られた出会いしかありません。
その中に、「一生の宝物」の出会いがあるかもしれない貴重な時間を犠牲する事は、本当に幸せに繋がるのでしょうか?

好きな気持ちから相手を心配することは当たり前の事です。
ですが、極端な束縛は愛ではありません。
相手の自由を奪う事がなぜ「愛」だと豪語出来るのでしょうか。

愛から心配することと、私物扱いして縛ることは違います。
束縛は、自分に相手がしたがったという満足心、自身を満足させる行為でしかありません。
今しかできない事を犠牲にして、相手いる事は、今は価値があることだと思い込んでいるかもしれません。

ですが、時間は巻き戻せません。
相手がいないところでも、常に気を使わなければいけないのは、遅かれ早かれ疲れ果てるに決まっています。
周りの友人も気を使いますし、距離を置かれる事もあるかもしれません。

もし別れたあと、何も残らない恋愛は悲しいもの。
男女しかいない世の中で、異性との関係を全く絶つことなんて無理です。
全く信頼関係が築けない相手との恋愛は長くは続きません。


スポンサードリンク


彼のためだと言いながら自分のエゴでしかない。

彼の人物像を自分の中で作り上げ、相手を想う気持ちが行き過ぎて求められてはいないであろうことまで全部やってしまう。
付き合ってすぐ「一番の理解者」のような存在に自分を位置づけ「有難迷惑」な行動を、自分では「いい彼女」と思い込んでやってしまう。

彼の気持ちを決めつけ「これをやれば喜ぶはず」相手のためのはずが的外れで、結局自分がしたい事を押し付けているだけだった。
相手の為にと考えたり、思いやることはもちろん恋愛において、とても重要な事です。
それは、本当に彼の気持ちを考えて、相手の立場に立って分かろうとしていますか?

それが本当に相手にためなのか?自分がいい彼女に見られたいがためにやっていないか?
相手を想う気持ちが溢れている人なのにもったいないです。
最初から、そんなに頑張っていると自分も相手も疲れてしまいます。

 

彼の夢が私の夢。

相手の夢を応援することも、一番近くで支える事もパートナーならではの事で、とても素敵です。
相手の事を信じて、寄り添ってくれるのはとても心強いと思います。
ですが、何事も行き過ぎは負担にもなりえる事で…。

相手の夢を自分の夢に置き換えてあれこれと過度なプレッシャーを与えると関係がこじれやすいかもしれません。
あくまでも、相手の夢は相手の夢。
支えることはいい事ですが、あくまでもサポート。
自分自身の目標も大事に、寄り添っていけると素敵な関係が築けるのかもしれません。

他の人気ページはこちらです!

→大好きな人と別れる|好きと愛してるの違いって?

→恋愛に本気の女心が好き、避けるタイプとは?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30