恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

恋愛に本気の女心が好き、避けるタイプとは?

どうも、こんにちは♪
恋愛まとめ情報局です(^^)/

恋愛中心の生活を送る、女心はどんな男性を求め、また避けているのか…。
女心は難しいもので、一般的にモテるタイプとは、ちょっとギャップがあるかもしれません。
「彼が大好き」、友達よりも「男」を優先してしまう女性。
今回は、「恋愛命!」恋愛に全力投球する女性が好きになるタイプ、逆に避けてしまう男性の特徴をご紹介いたします。

スポンサードリンク

好きになる男性のタイプ

1、連絡がマメな男

連絡をマメに返してくれる男性は、恋愛中心の女性にとって、自分が特別な存在だと思えるもっとも簡単な手段の形です。
例え、何気ない会話、どうでもいい会話だとしでも「いつでも繋がっている」と言う意識が大事なんです。
会えない時間にも、LINEなどで手軽に短文、スタンプでも会話が成り立ちますので、手軽にコミュニケーションが取れますよね。
既読確認もできるので、リアルタイムで相手の状況が知れます。
マメな連絡で、相手の心の中に、いつでも私がいると思えると、恋愛しても自分を大事に考えてくれる、と思えるからです。
恋愛中心の生活を送る女性にとっては、会えない時間にどれくらい相手の事を想えるか?も恋愛の大事な要素です。

2、適度な束縛

干渉しない自由な恋愛も相手を尊重していいですが、恋愛中心の女心の場合、相手から「嫉妬」が全くない状態は物足りないと言えます。
ガチガチ束縛にするのはどうかと思いますが、適度に縛られていると、それも愛情だと受け取ります。
「今何してるの?」と、ちょっとくらい女性の考えに干渉してほしいものです。
好きだから気にしてくれるんだ、と思えるので束縛することは、決して嫌な男性の部類には入りません。
束縛と言っても、連絡が取れないからと、何度も何度も何度も脅迫まがいの言葉で連絡するのは、怖い存在になりますけどね(笑)

3、母性本能が掻き立てられる

一般的にちょっと「頼りない男性」に惹かれる傾向にあります。
「私がいなきゃダメ」と思う事でスパイスとなり、恋愛の特別感が引き立てられます。
完璧な男性より、ちょっとぬけていたり、出来ない事があったり、そんな部分も可愛いと思えます。
出来ない事を自分が埋める事で、相手の中に自分の存在が大きいと感じると、相手に対する愛情も増します。
「恋愛の主導権を握りたい」タイプの恋愛中心の女心には、とっておきの男性だと言えます。
無駄にカッコつけずに、ダメな部分も見せてくれる男性は、正直者で可愛く見えます。


スポンサードリンク


4、押しに弱い

最初は、興味がない相手でも、連絡がマメにきたり、遊びの誘いが多かったり、自分を特別視してくる男性には結構弱いです。
全く1mもタイプではなく、生理的に無理な相手なら別の話ですが(笑)
普通に接していた人からの、積極的なアプローチは、揺れます。グラグラ揺れます(笑)
大事にしてくれそうな男性と一緒にいるのは、居心地がいいものです。
そして何気ない、思考の一致が回数を重ねたり、連絡の意思疎通がうまくいくと徐々に気になる相手になり始めます。
寂しい時間を与えない、いつも気にかけてくれる、積極的な男性に弱いのです。

5、趣味が個人で出来る部類の男性

例えば、ゲームや映画鑑賞、音楽鑑賞、料理など。
個人で楽しむことが出来る、趣味を持つ男性に惹かれることが多いです。
多人数必要なスポーツなどの趣味がある男性は、あまり好まれません。
なぜなら、試合中は携帯が手元になく連絡出来ないし、友達が多数いる場合あまり携帯を見る機会が少ないからです。
携帯ばかり見る友達は、あまり印象が良くないものですしね。
結果的に、連絡が取れない時間が多くなり、会えない日も多くなります。
なので、恋愛に夢中の女性は、寂しい時間が多く、もやもやし、イライラが多くなります。
それに比べて、個人で出来る趣味の男性は、一緒にいながらも男性の趣味に付き合う事が出来、一緒にいる時間が多いです。
個人でも出来る趣味は、一人の空間じゃないといけない、出来ない事は少ないはずです。
連絡が取れないだとか、女性が一緒などの心配する時間も少ないですし、同じ空間でも出来ることが多いので、共有できると言う意味で好まれます。

■避けるタイプの男性

1、一番人気の男性

一般的に「イケメン」は、いつの時代もそれだけでもモテるものですよね。
恋愛に本気の女性は、一番人気よりも二番人気くらいの男性が好きです。
何故なら、一番人はライバルが多すぎて当然色んな「心配」が大きくなる。
でも、周りの評価もある程度欲しいし、妥協するわけではないので、意図的に好きになるのではなく、自然に「2番」「3番」人気あたりを選んでいます。
人気者は心配だからと言って、人気がなさすぎる人もあまり好みませんが(笑)人の好みは様々ですが。
人気な人は、本気恋愛でモテるかと言うと、そうではないようです。
人気がある男性は、付き合ってる優越感はあるものの、自分がモテることを分かっているので、強気でないがしろにされたり、扱いずらい場合が多いからです。


スポンサードリンク


2、お金、地位、人望全てを兼ね備えている男性

全てを持っている男性は、率直にハードルが高いのが一つ。
恋愛に本気で進んでいく女性に取って、最初から「いつか別れる」なんて、全くかんがえにないですし、将来的に「不安要素」が多い男性は避けます。
「お金、人望、地位、全てある方が将来安定じゃないか?」と思いますよね?
確かに、魅力的な条件ではありますが、単純にそんな人で「一途」な場合って確率的に低くないですか?
それに、「二人で補い合えること」が少ない気がします。
「一人でも生きていけそう」な男性だと、自分の必要性が物足りないので、あまり完璧な男性は望みません。

3、自分に全く興味がないと思える男性

最初の印象で「いいかも」と思っても、相手に全く相手にされない状態が続くと、潔く諦めます。
恋愛本気モードになるまでは、意外と切り替えも早いです。
恋愛至上主義の女性は、「愛されたい」んです!
相手からの愛情も吸収して、自分の「愛」も大きくなります。
自分から「好意」を何気なく伝えても、はぐらかされたりすることが続くと、諦めモードに入り、他の人に目を向け始めます。

4、みんなに優しい男性

みんなに「優しい人」と位置づけられる、お人よしタイプは、本当にみんなに優しく特別感がないので、トキメキが少ないです。
優しい人は「いい人」ではありますが「自分だけ」にしてほしい!と思う「彼女ならでは」の独占欲を全く満たしてくれません。
気遣いは感じられるけど、「誰にでもしてるんだろうな」と思えるし、実際、友人同士で遊んだりすると、目の前で繰り広げられる優しさに「友達としての対象」に格下げします。
もし友人関係をあまり知らず、付き合った後に、友人を交えて会う機会がありその「優しさ」を目の当たりにすると、みんなにもしてたんだ!誰の彼氏なの?と「喧嘩」に発展することが多いと聞きます。
誰にでも優しい人は、女友達も多い特徴があるので、そこも不満対象になります。

5、信念が強すぎる男性

信念が強い男性は、「男らしい」「頼りがいがある」とも取れますが、あまりにも自分のペースやこだわりが強すぎると、二人のルールも作れず、寂しい思いをすることになります。
何か提案をしても、「俺はそう思わない」「NO」の返事が多いので不満が溜まりますし、自分の意見を曲げてくれないので、一緒にいても「愛情」の安心感が得られません。
男女ともに、ちょっとは「隙」がある方がいいですよね。
凝り固まった信念の持ち主は、寂しい思いやイライラが募って、もう「めんどくさい」対象です。

 

他の人気ページはこちらです!

→女心の好意のサイン|女心が分からないあなたへ

→おとなしい女子の好きなタイプ


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031