恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

女性が結婚で1番苦痛と感じることとは?

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

「結婚がしたい」と思う女性とは逆に「結婚は苦痛」だと思う女性も多く見られます。

では、女性が結婚して1番苦痛と感じることとはなにか。

今回はそのことについてみていきましょう!

スポンサードリンク

 

女性が結婚で1番苦痛だと感じること

 

女性たちが今、結婚するにあたって1番苦痛だと感じていることは「自由がなくなる」ということです。

しかしこれは、独身女性だからこそ感じることです。

実際結婚している女性たちのほとんどは、不自由しない生活を送れているのです。

 

「結婚はしたいけれど、ダンナや家に縛られて不自由になるのはイヤ。

もう少し自由な暮らしを楽しんでいたい」

このように、「もう少し自由でいたいから」結婚を先延ばしにしている女性は少なくありません。

 

でも、結婚したら不自由になるというのは、自分で不自由にしているだけの幻想にすぎないのです。

世の中には、恋愛から結婚までの過程については刺激的でおいしい情報がたくさん流れていますが、結婚したあとの生活についてはマイナスの情報ばかりが目立つものです。

有名人の離婚話などはその典型でしょう。

 

既婚者が自分の亭主やうちのカミサンについて口を開けば、ボヤキや愚痴のたぐいがほとんどで、いい話は誰もあえてしません。

でも、それもじっはほとんどがノロケですから真に受けてはだめ。

結婚した女性は、自由に使えるお金が減ったとか、夫の家族とのつき合いが面倒だとか、マイナスの情報を発信しながら、その裏では独身女に対する優越感に浸っているものです。

 

子どもを早くつくった女性が、同窓会などの集まりにこれ見よがしに子どもを連れてくるのも、「子育てって大変よ!」などと言いながら、自分がつかんだ幸せな家庭生活をみんなに宣伝したいわけです。

実際には、結婚して不自由になることより、自由になることのほうが多いのです。

うるさく指図していた親だって、結婚してしまえば一人前と認めざるを得ず、口出しを慎みはじめます。

 

周囲の人間も家庭を持つ大人として見てくれるようになり、夫婦という社会の新しい単位をつくったことで得られる自由はたくさんあるのです。

行動の自由だって広がります。

女性一人では行けないような土地へ旅行にも行けるし、夫婦というぺアだから堂々とどこへでも顔を出せるようになり、自分一人では知ることのできなかった世界が開けるのです。

 

夫婦二人なら広い住居に住めるし、家計を協力し合って貯金だってできる。

たとえ貧乏でも、二人でならなんとかなってしまうという楽しさもあります。

夫婦という協力関係ができてお互いの自由度ははるかに広がるはずなのです。


スポンサードリンク

 

メディアは昔から、「青春こそすばらしい、独身こそすばらしい」という圧倒的な情報を流していますが、その第一の理由は独身者こそ無駄なことにたくさんお金を消費してくれるから。

結婚=不自由という幻想から自由にならないと、いつまでも結婚を前向きに考えられず、よきパートナーとの出会いのチャンスも逃してしまいます。

結婚をして確かに、つまらないとか辛いとか感じる女性も多いでしょう。

 

結婚してつまらないと感じる女性のほとんどは、同棲をしてから結婚という形に進んでいった人も多いはず。

それは同棲していくうちに、ほとんど結婚生活と変わらなかったからです。

同棲していたときと結婚してからの生活が変わらないからつまらない。

 

でも、逆に考えると結婚しても変わらないということは、変わらずあなたを好きでいてくれているということではないでしょうか。

独身の女性たちは結婚をマイナスに捉える人が多いのは仕方がありません。

しかし、結婚しないとわからないことだってあります。

 

1度でも結婚というものを経験してみてはいかがですか?

失敗したって必ず次はあるのですから♪

 

他の人気ページはこちらです!

→男性の結婚のメリットとデメリット

→恋愛で本気になれない女性の心理!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031