恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

恋愛で女性が思う「いい人」とは?

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

恋愛で「もっといい人いないかなぁ」と言っている女性はいませんか?

このいい人っていったいどんな男性のことを言っているのか気になりませんか?

そこで今回は恋愛で女性が思う「いい人」について詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

 

女性が思ういい人とは?

 

私の友人で、こんな女性がいました。

 

「これまで四人の男性と交際し、二人から結婚を申し込まれました。

でもなにか物足りず踏み切れませんでした。

ぜいたく言う気はないのですが、いつかもっといい人と出会える気がして」と。

 

恋愛経験が少ない女性たちからしたら、「なに言ってんの?」ってなりますよね。

私もそのときは「え?」って感じでしたから(笑)

では彼女のように「もっといい人」とはどんな男性なのか。

 

待っていたら、いつか自分にとって最高の男性が現れるのでは…。

これは恋愛幻想の中でも最も歴史の古いものの一つです。

まさか白馬に乗ってやってくるとは思わないまでも、漠然と夢見ていた理想の男性と、きっといつかめぐり会えるのではないか、そういう期待を心のよりどころにしている女性は少なくありません。

 

実際にお付き合いする男性もいない「夢見る少女」の時代だったらそれでもかまわないのです。

しかし、彼女の場合は現実にプロポーズしてくれた男性が二人もいて、交際相手にはそれなりに困らない様子。

問題は、彼女がプロポーズを断ってまで待ちたい「もっといい人」とは、どんな人を思い描いているかです。

 

もっとカッコよくて、もっと収入があって、もっと将来性があってもっと家庭的でと、都合のいい「もっと」ばかりを望んでいるのなら、王子様はやって来ません。

彼女のような、男性にモテないわけではない女性が抱きがちな「いつか王子様が幻想」は、いつかもっと高価な商品にぶつかるだろうという幻想です。

もっといい買い物ができるのではないか、自分に有利なお得な男が現れるのではないかという期待が、どんな男性をも物足りなく見せてしまうのです。

 

つまり「もっといい人」というのは、王子様みたいな「カッコよくて高収入で家庭的、できれば身長が高くて性格も最高にいい人」ということです。

これは少しもりすぎかもしれませんが、この特徴を最低でも3~4つは持っている男性ということですね。

ここまで理想が高いと好意を持ってくれる男性が可哀想に感じます…。


スポンサードリンク


 

★ただ待つのでなく行動を起こそう

 

いつかとは明日なのか、来年なのか、そんな曖昧な期待の中に身を置いているのは、少なくとも主体的・能動的な行動ではありません。

五年先、十年先でもあなたは待っていられますか?

本気であなたにとっての王子様(外見や中身のあるイイ男)を求めるなら、自分から行動を起こして取りに行くことです。

 

王子様は自分から奪いに行くのです。

それまであなたは、本物の王子様を見抜く目を養い、王子様が振り向いてくれるよう、ほかの女に負けないイイ女になっていることが必要です。

王子にふさわしい姫として自分を磨くこともせずに、高望みをしてはいけません。

 

それが大変だと感じるなら、現実にあなたを愛してくれる男性をいちど受け入れてみることです。

生身の男性なら、多かれ少なかれ物足りない部分はあるものです。

結婚してみてから、彼こそ私の王子様だったのだと気づくケースもたくさんあるのですから。

 

他の人気ページはこちらです!

→恋愛で本気になれない女性の心理!

→彼氏がキスを「面倒くさい」と言い出したら冷めたサイン?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930