恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

20代女性がお見合いパーティーで成功するコツ!

どうも、こんにちは。
恋愛まとめ情報局です(^^)/

最近、お見合いパーティーがとても人気ですよね。
社会人になって、出会いの場が減って異性と出会うために参加する。
そんなお見合いパーティーでも成功する人と失敗する人に別れます。

今回は20代の女性がお見合いパーティーで成功するコツをご紹介します。
また、実際にお見合いパーティーに参加した20代の女性のエピソードもご紹介しています。
お見合いパーティーに参加しようと思っている女性は必見です!

スポンサードリンク

 

20代がお見合いパーティーで成功するコツ!

どんな所にも出たがる、目立ちたがり屋の女性がいます。
しかし、このタイプはあまり男性からは好かれません。
ちょっと、ひかえ目なところのある女性の方が、男性としては心が安まるものだからです。

でも、いつもいつも受け身でいると、今度は目立ちたがり屋の女性と同じように、嫌われてしまうことになります。
つまり、物事にはバランスが大切ということです。
何を尋ねても「はい」「ええ」だけでは会話も進まないし、だいたい楽しくありません。

そもそも聞かれたことに対して、「ハイ」だけで答えているだけでは、会話にならないでしょう。
そこで、出しゃばりにならない程度に、自分からさり気なく声を掛けてみましょう。
男性にも、様々なタイプの人がいます。

女性に対して積極的に話し掛けていく人がいる一方で、「話しかけて失礼にあたらないだろうか」「無視されないだろうか」「安っぽく見られないだろうか」などと、頭の中で悩んでいる人も多いものです。

ですから、本当に好きな人に対しては、あなたの方から思いきって声を掛けてみましょう。
こんな時はあいさつにプラスの一言が、大きな力になってくれます。
あいさつなら自然で無理がないし、万一彼の反応があまり良くなくても、あまり気になることもないでしょう。

「こんにちは、今日は暑いですね」
「そうですね。ところでここは初めてですか」
と、ちょっとした一言を加えるだけで、会話するきっかけが生まれます。

周囲に人がいるのに、黙っていたのでは話が進みません。
ただ、男性の中にも、「えぇ」とか「そうですね」しか口にしない人もいます。

そんな人には、「今日はお仕事休みですか」「いつもここに来るのですか」と、第二弾の質問をするとよいでしょう。
それでも話が進まないなら、これはあなたの責任ではありせん。
相手の男性がスイッチオンの状態になっていないのです。

そんな人は、あなたの方で必要としないでよいでしょう。
「いつか声を掛けられないかな」という待ちの姿勢は今日でサヨナラ。
時には自分から素直に声を掛けてみましょう。

くり返していくうちに、自然と話し掛ける技術が、あなたのヘ天性のもののように身についてくるものです。
ある女性がお見合いパーティーに参加しました。
22歳のOLで、まだ特定のボーイフレンドがいませんでした。


スポンサードリンク

 

あるときバラバラと女性週刊誌を読んでいたら、「お見合いパーティー」の広告を見つけました。
どうやって恋人を見つけようかと思っていたところだったので、友だちと相談したところ、「有名なところだし、一度くらいは経験だと思って行ってみようか」ということになり、参加を申込みました。

やがて、パーティー当日がやって来ました。
そこは、一流ホテルの一室を借り切った会場で、参加者は200名を越えていそうです。

なかに入った彼女は、しばらくして隣りに座った男性を見てドキッとしました。
なぜなら彼は、彼女が頭の中で描いていた「理想のタイプ」に近かったからです。
いつもの彼女なら、あいさつだけして離れてしまったでしょう。

しかし、この日は違っていました。
せっかく来たのだからと小さな勇気を出したのです。

女「本当にすごいですね。何人ぐらい来ているのかな?」
男「そうですね、200人は越えているんじゃないですか」

女「私、〇〇と言います。△△の証券会社でOLをしています」
男「僕は〇〇です。自由業です」

女「自由業っていうのは?」
男「弁護士事務所にいるんです」

女「ワッ!もしかして弁護士さんですか」
男「そうです」彼は28歳ぐらいに見えました。

浅黒くてがっしりした体つき、何かのスポーツ選手のような外見です。
しかも、頭の切れる弁護士

彼女は、彼にアプローチしようと決めました。
パーティーの間中、彼女は彼に的をしぼって、積極的に話しかけました。
質問も工夫して、イエスやノーだけでなく、会話が続きそうなものを選びました。

以前は「自分から話しかけるのは難しい」と思っていましたが、やってみると思っていたより簡単です。
彼の方も話がはずんだ彼女に好意を持ち、「〇〇さん、また、会ってくれますか」と彼が言ってくれました。
再度会う約束を取りつけた彼女は、「やったー!!」と内心で叫びながら、パーティー会場を後にしたのです。


スポンサードリンク

★彼女が成功した理由

成功した理由は、パーティー会場で「この人だ」と決めた彼に、自分の方からアプローチしたことです。
ここでの注意点は、二つあります。

一つは、何とかボーイフレンドを見つけようというあせりがあると、パーティーでは何人もの人と多く話しがちになってしまうこと。
しかし、それだけ一人の人と話す時間が短かくなるので印象は薄くなってしまいます。
できれば彼女のように、一人の人にしぼって、会話することを心がけましょう。

それだけ、目当ての彼と話す時間も長くなり、印象も強まります。
ただし、パーティーでは一人の人を「独占」してしまうことは良くありません。
ですから、他の女性が彼との会話に入ってきたら、抵抗しないで入れてあげましょう。

もちろんあなたは一人の彼にしぼって、会話をするように心掛ければよいのです。
二つ目は、アプローチの方法。
彼女の勝因は、自分の方からアプローチをしていったことでした。

パーティーというと、「壁の花」のように、ただ参加しているだけの人も結構いるものです。
たしかに、他の人が楽しんだり会話したりしている「雰囲気」を味わうのも良いでしょう。
でも、あなたの目的が「彼の心をつかむ」ということにあるのなら、壁の花であるのは止めなくてはいけません。

顔見知り程度の人や、初対面の相手には、あなたから積極的に声を掛けていくことを恐れてはいけません。
彼女も気づいたように、自分から話し掛けるというのは、あなたが頭の中で考えているよりもずっとやさしいことです。
初めの一言が口にできたら、あとは気分が楽になり、会話が続くようになります。

パーティーのように人がたくさん集まる場所では、「第一印象」や「外見」は大切なものですが、それ以上に、「気が合う」「話が合う」といった内面的なもの、フィーリングも
大切なのです。

そしてもっと大切なのは、「ボーイフレンドが欲しい」と思ったら「でも、パーティーに行くのは面倒くさい」「恥すかしいから」といった否定的、消極的な心構えを避けるこ
とです。

彼女のように、ほんの少しチャレンジする勇気があったなら、あとは実行に移してみることが、あなたの新しい人生への第一歩になるのです。

「この人だ!」と思ったら自分からアプローチしてみること。
あなたもぜひ、チャレンジしてみてください。

 

関連記事

→女性が男性からモテるためのコツ!

→男に媚びる女性に負けない方法!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930