恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

二股恋愛で「どっちも選べない」と悩む女性へ

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

「二股をするなんて考えれない!」と思う女性は多いかもしれません。

しかし「付き合うならこの人かな?」、「いや、やっぱりこっちかなぁ」と女性なら迷ったことがあるはずです。

 

恋人はいるけど、最近、仕事である男性と知り合って、恋人はやさしいけれど、ちょっと頼りない感じ。

でも、その人は女性を引っ張ってくれる頼もしさがあって…。

と恋人にはないものを持っている男性に女性は惹かれるものです。

そこで今回は「二股でどっちも選べない」と悩む女性へちょっとしたアドバイスをご紹介します。

スポンサードリンク

 

二股恋愛をするにあたって

 

自分の心の中では「ふたりの男性とつきあってみよう」と決めているのに、「でも、それはよくない」という思いも消えないはず。

それで、誰かに「大丈夫」と保証してもらいたい。

これは、二股をかける勇気をもらいたいのではなくて、もしトラブルが起きたときに心の免罪符がほしいから。

 

要は、責任逃れをしようとしているわけです。

しかし、大事なのは、「自分はどうしたいのか」ということです。

人を好きになる気持ちは、抑えることができません。

 

しかし、二股をかけるとなると、当然リスクが生じます。

ですから、二股をかけるメリットとデメリットをきちんと考える必要があります。

その上で、「やっぱりふたりとも好き!」と思うなら、突き進めばいいのではないでしょうか。

 

自分もふたりの男性も、結婚をしていないのだったら、両方並行してっきあいを続けてもよいと、私は思います。

恋人関係であれば、法的な契約を結んだわけではありませんから、「彼氏がいるんだから、他の男性とデートしてはいけない」というのはおかしな話です。

たとえば、こんな女性もいます。

 

彼女は、「いいな」と思う男性をふたり引きつけておいて、自分にとってベストな方をしっかり確保してから、もうひとりの男性をふったのです。

彼女のことを「計算高い」と非難する人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。

自分にとって理想の人とはどういう人なのか、理想の恋愛とはどういうものなのかを模索していく段階で、こういうことをするのは悪いことではないと思うのです。

 

恋愛はすべてが授業みたいなものです。

変に形にこだわって、ああしてはいけない、こうしてはいけないと考えるより、自分の自然な気持ちにまかせて、恋愛をしていけばいいのです。

もちろん、その中で傷ついたり、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。

 

でも、そうやって失敗を重ねながら、そこから何かを学んで初めて、理想の恋愛が見つけられるのです。


スポンサードリンク

二股恋愛でしてはいけないこと

 

つねに自分のまわりに何人もの男性をはべらせておかないと不安だとか、たくさんの人にちやほやされたいとか、「私って、こんなにもてるのよ」というようなナルシシズムを満たすために、二股、三股をかけるのはオススメできません。

また、それぞれの男性の「おいしいとこ取り」をするためだったり、あちこちの男性からできるだけ多くのお金をむしり取ろう…という目的で何人もの男性と同時進行するのは、あまりうまくいかないようです。

道徳的にいい、悪いではなくて、そういう女性をはたから見ていると「運を逃しているな」と感じます。

 

というのも、顔の表情や言動に、「もっといい男はいないかしら?」というようなガツガツした雰囲気がにじみ出るからです。

すると男性からは、「この女性は、条件だけで男性を選ぶんだな」と見なされるでしょう。

そして、真剣につきあおうという男性より、遊びが目的、体だけが目的の男性ばかりが寄ってくるようになります。

 

これでは、いくつ恋愛をしても、なにも自分のためにはなりません。

だいたい、自分は恋愛をしているつもりでも、男性はそうは思ってくれていないのですから。

私からのアドバイスとしては、いろいろな男性とデートするから「恋の技」も磨かれる。

 

「理想の恋愛」は傷ついたり傷つけられたりの経験を積んで手に入るものということです。

 

他の人気ページはこちらです!

→電話のかけ方で男心をくすぐる方法とは?

→「仕事を優先する彼氏」と上手く付き合うために!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930