恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

彼氏に浮気されたときの3つの対処法!!

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

順調な恋愛でも、やはり心配なのは浮気…。

人によって浮気のボーダーラインは様々ですが、された方はプライドも恋心もズタズタになり深い傷に。

 

今後の恋愛においてもトラウマになり、余計な心配事を増やす原因になります。

彼の浮気心を抱かせない、行動に移させない方法。

もし、浮気が発覚した際の対処法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

彼氏に浮気されたときの3つの対処法

 

恋愛相談の中で、「彼の浮気」は五本の指に入るくらい多い相談内容です。

何を基準に「浮気」と考えるかは様々で、彼が大人のビデオを見ているだけで浮気だと考える人もいれば、体の関係があっても、そこに愛情がなければ「浮気ではない」と考える人もいます。

気持ちが伴わないからと「風俗は浮気ではない」や「初対面での一夜限りなら浮気じゃない」など。

 

ただ、いずれにせよ、浮気に関する悩みは残念ながらあとを絶ちません。

「どうして男って、浮気するの?」これは、女性が共通して持っている疑問というか、憤りです。

たしかに、男性は大小なりとも浮気性です。

 

男はひとりでも多くの子孫を残すために、広く浅く種をまく本能が備わっていると進化論だと言いながら勝手な理由づけをすることもできます。

しかし、だからといって本能のせいにして「男性なら浮気が許される」わけでは決してありません。

ただ、「浮気したい」という衝動があったとしても、それを行動に移すかどうかは別。

 

男性が誰しも備わっている浮気願望があるとしても、実際行動に出るまでには、いくつかのプロセスがあります。

実際に浮気をしている男性の数は、意外にも女性が思っているよりもずっと少ない事実もあります。

ただ、女性の頭の中には「男は浮気をする」という思いが強くあって、ちょっとした恋人の行動に、疑心暗鬼になってしまう人がとても多いです。

 

携帯電話の着信履歴やメールが彼の浮気を疑うきっかけになるケースがもっとも多いのですが、他にも「彼が週末に会ってくれない」「残業が増えた」など疑惑の種は疑い始めるとひっきりなしにやってきます。

「メールの回数が以前より減った」「電話の回数が少なくなった」など恋愛当初との比較はただの慣れかもしれないので、一概に疑ってかかると喧嘩の原因や、気まずい関係を招く事になりかねないので注意したいところです。

 

 

1.グレーゾーンは罰せずいく

先ほど話したケースの場合、私が言えることは「グレーゾーンは罰せず」ということ。

つまり、たしかな証拠がないかぎり、彼の浮気を疑わない方がいいし、もちろん、本人に詰め寄ることはしないほうがいい、ということです。

「もしかしたら…」と悩み始めると、考え方が悪い方向に進み、もれなくネガティブ・スパイラルに突入します。

 

女性から電話があった→浮気している→きっと私はだまされている!というふうに、物事を悪いほうへ、悪いほうへと考えるようになります。

でも、そんなことをして得をすることは何もありません。

ちょっと冷静に想像してみてください。

 

あなたは、「浮気をしているでしょ!」と頭から決めつけて彼を責める。

そこで彼が「していない」と答えても、考え方がネガティブ・スパイラルに入っているので彼に対して強気で攻め立てるでしょう。

そして「わかってるんだから、白状しなさいよ!」と問い詰める。

 

でも、男性としては「していないものはしていない」ので、何も言えない…。

するとあなたは、「黙っているということは、やっぱり本当なのね」と、さらに責める…。

こうなると、男性は潔白にも関わらず、勝手に疑われ聞く耳を持たない。

 

信用をまったくされていないのだと思い、あなたとの関係に支障をきたします。

少なからず気持ちは、あなたのもとから去っていくでしょう。

もし、恋人のことが好きで、ずっとつきあっていきたいと思っているなら、あなた自身が彼の浮気の動かぬ証拠をつかまないかぎり、彼のことを信じていたほうが賢明です。

信頼関係は恋愛においても重要な部分です。


スポンサードリンク



2.男を勝負モードに追い込んではNG

では、もし動かぬ証拠をつかんでしまった場合、どうしたらいいのか。

女性としては怒り心頭、「裏切ったわね!」「一回だけと言うけど、今回浮気したということは、前にも何度かやっているんでしょ!」などと責めたくなるところでしょう。

バカにしてんのかと、頭に来るのは当たり前です。

 

しかし、「責めたら負け」と言う事実も…。

なぜなら、男性は責められると「勝負モード」に入って、たとえ自分が悪くても何とかして自分を正当化しようとややこしい体制に入るからです。

「酔った勢いで」とか「相手の女性に強引に誘われて」など、いろいろ言い訳を並べてみたり。

 

たちの悪い言い訳は、「おまえがそんなに心の狭い女とは思わなかった!」なんて言っちゃう逆ギレ。

これでは、ただのケンカになってしまい結局、彼の浮気の虫を封じることはできません。

逆に、彼は「おまえがそうやってガミガミ言うから、俺は浮気をするんだ」「こんなに責められるなら、別れたほうがいい」などと、逃げる行為や、気持ちを思いかねません。

 

ポイントとしては、男性は、女性に泣かれると弱い。

ただ、泣くといっても、「泣きわめく」のは責めるのと同じ事。

そうではなく、無言でほろぼろと涙を流して泣かれるのが、男性にはいちばんこたえます。

 

また、「悲しい…がっかりした…」とポツリと言われるのも、男性には相当きつい。

「あなたの事信じてたのに…」「そういうことする人だったんだ…」これも効きます。

深く反省して、心を入れ替える男性は多いと思います。

 

 

3.余裕ある許し方がカギ

そして、恋人が浮気をしても一回は許してあげる。

自分のポリシーとして、「たとえ一回でも浮気は許せない」という人は、すっぱり別れていいと思いますが、「二度としないなら、これからもつきあっていけそう」と思えるのなら、一回のクロには目をつぶってもいいと思います。

しかし、しっかりと釘をさすことを忘れずに。

 

「人間だから、そういうこともあるかもしれないけど、あなたに浮気をされたら私はすごく傷つくし、凄く嫌なの」このときのポイントは「静かに、でもはっきりと言う」ことです。

そして、このひと言を言ったあとは、何事もなかったかのようにふるまいましょう。

すると、男性としては、「なんて、いい女なんだ」と思うのが普通です。

 

いちばんいいのは、恋人に浮気をされる前に予防線を張っておくことです。

「OOちゃんの彼氏、浮気したんだって。私がそんなことをされたら泣いちゃうな」彼に面と向かって「浮気したら許さないからね!」はダメです。

あくまでも一般論として、「私は浮気を許す人間ではありません」という自分の信念を、相手に表明するのです。

 

さらに、「あなたはどう思う?」と聞いてみてください。

すると、彼があなたのことを好きなら、当たり前のように「そうだよな。浮気はダメだよな」と答えると思います。

そうしたらすかさず、「そうだよね、あなたは浮気をするような人じゃないもんね」と言うのです。

 

つまり、本人の口から「浮気はダメ」と言わせて、その言葉で彼を縛るのです。

さらに「あなたは浮気をするような人ではない」というあなたの言葉は呪文のように、彼の行動を縛るはずです。

「信じてくれてるんだから、信頼を裏切ってはいけない」そう彼は思い行動します。

 

いざ、浮気ができる場面にきても、彼の頭にはあなたのことがよぎり行動しがたいはずです。

浮気を未然に防ぐために、この方法はオススメですよ。

 

他の人気ページはこちらです!

→男が本命の女性にとる行動!

→恋愛のマンネリ化は3ヶ月から?|防止する方法はあるのか


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031