恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

居酒屋デートに誘う男の心理

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

今回はデートに居酒屋をチョイスする男性のお話。

気になる男性などからデートに誘われて、連れて行ってもらったのが居酒屋だったと言うのは、意外と多いのではないでしょうか?

 

居酒屋でご飯なんてどんな気持ちで誘ったんだろう?と考えている方。

初デートだからかしこまったところなんて考えなのは女性だけ?

そんな男性の心理をご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

居酒屋デートに誘う男の心理とは

 

「いいお店」と言ったとき、男性と女性とでは抱くイメージがずいぶん違います。

女性の場合、お店の立地から始まって、店構えやインテリア、雰囲気、味、食器、そしてお店のスタッフの態度まで、トータル的に見て「いい、悪い」を判断します。

それに対して、男は一点豪華主義。

 

いや、女性にとっては豪華ではないかもしれないので、「一点主義」にしておきましょう。

どういうことかと言うと、たとえば「この店は、焼き鳥のレバーがうまい」これだけで「いい店」になるのです。

そして、ありがちなのが、自分が店の主人と仲がいいから、「店の主人となじみの俺」を見せたいがために、女性を連れて行くといういかにも「常連だぜ俺」パターンです。

 

ところが、味はたいしたことはないし、店の雰囲気も全然よくない。

だから女性は「何なの、この店!」と思ってしまう事も。

常連だからってカッコつけたつもりの男性は、本当に見栄っ張り…。

 

そんな被害報告(?)を、女性からよく聞きます。

ところが、男性は女性がそんなふうに思っているなどとは、まったく気づかない。

むしろ、「俺、ほれられちゃったかも」「常連てワードかっこいいぜ」なんて意気揚々なパターンが多いです。


スポンサードリンク



★男は行き慣れていない店にはいかない!!

なぜ、このような悲劇が度々起こるのでしょうか…。

その理由は簡単で、男性は女性が喜ぶ店を根本的にわかってないからです。

きっと「女性はロマンティックな雰囲気のレストランが好きなんだろうな」というところまでわかっていても、実際のところ、よほど遊び慣れていないかぎり、男は彼女が合格点を出す店がどんなものか、よく知りません。

 

ただ、デートだから女性の前ではかっこいいところをぜひ見せたい。

となると、自分がよく知らない店には連れて行けないわけです。

初めての場所だと緊張して、おどおど、どよどよしてしまうからです。

 

その点、自分が行き慣れているところなら安心。

しかも、自分が本当に「ここの焼き鳥はうまい!」と思っていれば、女性にもよろこんでもらえるに違いないと思うでしょうし、店の主人となじみなら「行きつけの店がある俺」が見せられて勝手に上機嫌です。

とくに、いかにも男らしい感じの体育会系の男性にとっては、食事は単に「メシ」でしかなく、デートだからといって女性のように「ロマンティックな雰囲気の中で食べるもの」という発想自体がない場合が少なくないのです。

 

とにかく、安くて、お腹いっぱい食べられればそれでいい、という感じ。

こうなると、嘆く気持ちもわかります。

「デートのときくらい、少しは女性の気持ちも考えなさい」とわかってない彼らに言ってやりたい。

 

ただ、だからといって、女性は「何よ、この店!」とは絶対に言わないほうがいいです。

男性は、「自分が気に入っている店を否定された、自分を否定された」と思い、プライドが傷つけられ、女性自体が悪く思えてくるからです。

賢い女性なら、まずは自己犠牲でほめるところから。

 

なにも、「この店、最高だね!」と心にもないことを言う必要はありません。

でも、お店を見渡してみれば、何か一つはほめるポイントが見つかるはずです。

「くつろげる」とか「アットホームな感じ」「店員さんの愛想がいい」とか。

 

あるいは、店のインテリアはさえないけど、「あのカクテルはおいしかった」と思ったなら、「あのお店のカクテル、これまで飲んだ中で一番おいしかったかも」とちょっと大げさに言ってあげてください。

すると男性はうれしくなって、「今度はもっと、いい店に連れて行こう」と考えると思います。

ただ、女性としてはここで、「また次もなじみの、俺常連だぜシリーズに連れて行かれたらどうしよう」と心配になりますよね。

 

ですから、今度はあなたから、「さりげなくリクエストする」してみましょう。

「この前のお店も楽しかったけど、次はイタリアンにしてみない?」「次は、ちょっとおしゃれして出かけてみない?」これだったら、彼を尊重しつつの提案になります。

手っ取り早い方法としては、自分が行きたいお店に男性を連れて行く方法もあります。

 

そのお店を選んだ理由は「友達に教えてもらったの」や「この前、雑誌で紹介されてたの」なんて気になってたんだと伝えてみてください。

そして、「女の子って、こういうムードに弱いのよね」あるいは、ふだんから雑誌を見ているときに「ここ、ステキじゃない?」「こんなお店に行ってみたいな。ねえ、一緒に行こうよ」と言うのも賢い提案ですね。

つまり、男性を教育してしまえばいいんです。

 

いちばんいけないのは、男性に「どこに行きたい?」と聞かれて、「どこでもいい」と答えておきながら、いざ連れて行かれると不機嫌な顔をすること。

男性から嫌がられる受け答え上位です。

女性としては、「どこでもいいと言ったけど、ふつう常識的に考えて、この店は選ばないでしょ?」という気持ちなのはわかります。

 

でも、それは女性の中の常識であって、男性には必ずしも通用しない、ということを肝に銘じておいた方がいいです。

女性心理をドンピシャでわかる男は稀です。

むしろそんな男は、女慣れしていて、以前の女と来た店などに連れて行く、彼氏としては不向きな人種かも。

そこで不機嫌にならずに、徐々に男性を自分のベースに巻き込んだほうが得だと思いますよ。

 

他の人気ページはこちらです!

→男性が好意のサインをみせてくれたときの男心!

→男を振り向かせる女のメールでの一言!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930