恋愛に関する情報をご紹介しています!

menu

恋愛まとめ情報局

付き合う前の男性心理と行動!

どうも、恋愛まとめ情報局です♪

付き合う前は、男性から追われる女性って多いですよね。

でも逆に自分から追う立場になると男が避けてしまうことってありませんか?

 

そんなこともあり、付き合う前の男性心理や行動って気になるはず。

今回はそんな悩みを解消するために、付き合う前の男性心理や行動をご紹介します。

スポンサードリンク

 

付き合う前の男性心理と行動

 

つきあう前とあとで、力関係が変わって立場が逆転する。

実は、こうしたケースは少なくありません。

女性がものすごく美人で、彼女を落とすまでに男性が猛アプローチをかけていても、このような恋の逆転現象は起きるのです。

 

すると女性は、「彼は私に失望したのかしら」とか「私はもう飽きられてしまったのかも」と不安になり、今度は彼を追いかけたりするようになります。

これは、男と女の恋愛感情の違いから生じる心理現象です。

女性というのは、男性とつきあう前の段階では、「この人は自分の恋人に値するかどうか」をけっこうシビアな目で見ています。

 

その目は、冷静でなおかつ客観的です。

だから、男性よりも断然、立場が強い。

それに対して男性は、「この女性とつきあいたい」と思って、それこそ全身全霊を傾けて女性を口説きます。

 

つまり、いきなり好きという感情が高いところから始まるわけです。

ところが、女性は往々にして「好きになると弱くなる」傾向があります。

つきあいが始まって、キスをして体の関係になったりして…とふたりの関係が進展していくうちに、だんだん「好きモード」に入っていく。

 

すると、とたんに冷静さや客観性、クールさのようなものが崩れ落ちてしまうのです。

これは別に悪いことではなくて、「私よりも彼のこと」「彼のために何かしたい」という愛情からくるもので、恋愛感情はぐーっと燃え上がっていきます。

一方、男性は「口説きモード」のときは自分の全エネルギーを女性に注いでいて、ある意味、かなり無理をしています。

 

つまり、ふだんの自分ではないわけです。

それが、つきあえるようになると安心して、だんだん本来の自分に戻ります。

すると当然、あなたへの愛情は下がっていく。

 

ここで男性と女性の恋愛の曲線は交差します。

そして、放っておくと、この曲線の開きはどんどん大きくなります。

それで女性は「あれ?私、いつの間にか彼にこんなに尽くして、追いかけてる。でも彼は、なんだかテンション下がってない?」という気持ちになるわけです。

 

男と女の恋愛曲線が交差し始めたとき、「じゃあ、私がまた彼に対して冷静になればいいのね」と思うかもしれません。

人間には、「去れば追う、追えば去る」という心理がありますから、「男に追いかけさせたほうがいい」というのは真実です。

水商売の女性は、お客さんにこの手を使います。

 

常連さんにわざとそっけなくして、逆に気を引くのです。

でも、ふつうの恋愛において、この戦法はリスクが高いと私は思います。

冷たくして、たしかに相手が追いかけてくるケースもありますが、逆に「なんだ、俺のこと嫌いになったんだ」と思われる可能性のほうが高いのです。


スポンサードリンク


 

こういう場合、「絶対に女性から電話をしてはいけない」とか「彼を冷たく突き放しなさい」と言われることが多いのですが、この手は日本の男性にはまだまだ通用しない。

というより、逆効果、だと私は考えています。

重要なのは「追う」の意味合いです。

 

「あなたのことが好き」「あなたと一緒にいると楽しい」など、「愛情表現で追いかける」のは、どんどんやってください。

ところが、「彼のテンションが上がらない」「冷たくなった」と嘆く人にありがちなのは、「追う=都合のいい女になる」、つまり自分をなくして、無理してまで彼に尽くすというパターンです。

男性は女性にこんなふうに迫られると、だんだん女性を尊敬できなくなります。

 

男性にとって、「相手を尊敬できるかどうか」はとても重要。

なぜなら、自分自身がつねに、「自分は尊敬される人間かどうか」を考えているからです。

では男性が、女性のどういう部分を尊敬するのかというと、「きちんと自分を持っていること」です。

 

だから、なんでも自分に合わせてくれる女性の気持ちがうれしい反面、「自分がなくて、なんでも人に合わせるなんて…」と矛盾した考えを抱いてしまうのです。

大切なのは、愛情表現はしても、「自分を持っている」ということ。

彼から誘われても、都合が悪いなら「今日はダメ。でも来週なら、いつでも大丈夫」と自分の意思を持って、ちゃんと主張する。

 

時には、彼の要求に「ノー」とはっきり言える女性は男の目にも頼もしく、「しっかりした女性だ」という印象を持ってもらえるのです。

その上で、日ごろからたっぷり、愛情表現をすればいいのです。

でも、テクニックとして、少し追いかけさせるのは効果があります。

 

たとえば、三日間ぐらいずっと電話をしておいて、その後、一週間ぐらい電話もメールもしないとか。

いつもなら彼のメールにすぐ返事をしていたのに、二日ぐらい間でも、テクニックとして、少し追いかけさせるのは効果があります。

たとえば、三日間ぐらいずっと電話をしておいて、その後、一週間ぐらい電話もメールもしないとか。

 

いつもなら彼のメールにすぐ返事をしていたのに、二日ぐらい間をあけてから返事をするとか。

また、デートのときはいつも、夜十時くらいまで一緒にいるのがふつうなのに、「ごめん、今日は友達と会う約束があるから、五時までね」と言って、相手に少し飢餓感を与えるのです。

ちょうど、彼におあずけをするような感じですね。

 

そんなこと、できない…ですか?

きっと、自分の予定をつぶしてまでデートをすれば、そのぶん、彼から愛情がたっぷりもらえると思ってしまうのでしょう。

しかし残念ながら、多くの場合、このときに彼の心の中で強くなるのは、あなたへの愛情ではなく、「都合のいい女」という認識。

このことを覚えておいてください。

 

他の人気ページはこちらです!

→彼女がいる男性を好きになったらどうすれば?

→男性が電話を嫌う男性心理と長電話は脈あり?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930